社員たちの想い

清島食品は現場第一。衛生面など気にかける部分の多い職業ですが、
そうした中でもそれぞれにやりがいをもって働いてくれています。
各地の委託先で働くスタッフの、仕事に対する想いをご紹介します。

横田 南関東エリア 主任 2018年入社

イメージ

1968年創業の老舗給食会社。なのに、ベンチャーのような自由度のある会社です。社員一人一人の裁量権が大きく、どうやって売り上げを上げるか、年上のパートさんたちをどうまとめていくか、自分なりに考え、やってみる。先輩や上司の意見を採り入れながらも、「自分ならこうする」を実際に試してみることができるのはとてもいい経験ですし、うまくいったときの達成感も大きいと感じます。
当社はまだまだ成長の途中。上のポジションも作られ、ステップアップできる環境があります。将来の幹部候補として、一緒に成長していきませんか。

石川 栄養士 2020年入社

イメージ

失敗を恐れずチャレンジができる。それが清島食品の最大の魅力だと思います。「もし失敗しても責任は取るから好きなようにやってみて」と言ってくれる上司のもとで、本当にのびのびと、やりたいようにやらせてもらっています。もちろん相談はした上でですが。実際に入社1年目から新店舗の立ちあげ・オープンを経験させて頂き、自分のアイデアをどんどん実行してみることができました。結果を出せばそれだけ還元もあり、とてもやりがいを感じます。これからも新規オープンが続く勢いのある環境の中で、全国色々なところで、立ち上げにかかわっていきたいと思っています。

積田 事業所チーフ 2017年入社

イメージ イメージ

学生時代から調理に興味があり、何か社会に貢献できる仕事を新しくしたいと考え、当社へ転職を決めました。施設の利用者は、高齢者の方ばかりなので、居酒屋やレストランとは違い、食べやすくするための様々な調理方法があります。全く未経験から、しかもオープニングスタッフとして入ったのですが、周りの先輩がとても親切に教えてくれたので、大変助かりました。今は調理師の資格を取るために、日々勉強しています。